でもどりおかんの玉手箱

<< 「六郷ねずみさんのまったりサロン」の始まりはじまり〜 | main | 恐竜に食われる??? >>
お母さんも遊ぶ「ちびひろ」
フェイスブックへの投稿が中心になってしまっていました。
気がつくと半年近くも更新なし。
遊び場にきたお母さんからも、「最近でもどりおかんのブログが…」との声もいただいちゃいました。

ということで心を入れ替えて。

久々の投稿です。

2月12日(木) 上荒井公会堂あそびば「ちびひろ」です。

最近は今年4月から幼稚園に通う女の子たち4人組みの、おしゃれなドレス姿が見られます。
デザイナーはお母さん。
先週は荷造り用の紙がこんなに可愛らしく。


ちょっとポーズをとって貰いました。
モデルウォークしてほしいくらいです。

そして今日は


雪アナの世界に入り込んでいます。

一番左の女の子は始めは白いふわふわドレスでした。
しかも足につけて貰ったリボンが落ちないようにと
そーっとそーっと 歩きます。
ちょっとへっぴり腰なのが愉快で後ろから写真撮影。

ドレスを身につけるととたんにおしとやかな動きに。
そして手の振り方も皇室振りになるのです。

「ラプンツェルにして」
「………」(あの絵本のラプンツェル??でも知ってるの??)

髪の長いあの絵本に出てくるラプンツェルでした。メイク担当のお母さんにはすぐにわかったようです。
さっそく長い髪を作ってあげていました。
そしてドレスも着替えての揃いの撮影となったのです。

そして今日はお母さんも遊んでいました。
キラキラのモールを形にして「指輪」の出来上がり。
 
三人の男の子を持つお母さん。
「やっとできた〜」
自分の子どもに どう! って見せたけど興味示さず。
「ほらねぇ、これだから男の子ってつまんない〜」
でも嬉しそうにつけていました。
こんなふうに大人も遊ぶ場です。

子ども達も宝飾品までつけてもらってご機嫌。


そして初めてきたお母さんや、久しぶりに遊びにきたお母さんにさりげなく声をかける
常連のお母さん。
「場」が和みます。
こんな心使いがあってこの場があるのです。
そしてお母さん同士の会話も弾みます。







 
| kaigankouen | 上荒井公会堂あそびば | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://kaigankouen.bouken-asobiba-net.com/trackback/696
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE