でもどりおかんの玉手箱

<< 裸足で | main | 基地だらけ >>
ぼく、ここで寝るんだ
3月15日(土) 卸町五丁目あそび場

今日は少し長めの角材を持っていきました。
それを見つけたリュウト。
「今日はテントを作って庭において、夜そこに寝る」と言い出しました。
どんなものをイメージしているのか。
どの遊び場も子ども達が作った秘密基地?も片付けて終わりにしなくてはいけません。
なので以前から「自分のうちの前に基地を作りたい。そうしたらこわさなくてもいいでしょ」
と言っていました。
私は斜めにくっつける部分を押さえていてあげました。
本人もっと簡単にできると思っていたのでしょう。
クギが曲がってしまって打ち込めなかったり、手を打ったりとかなり苦戦。
「何つくってるの?」と6年生の男の子が。
打ち付けるのを手伝ってくれていました。こんな自然な優しさに感激。








いつの間にか4人も中に入って遊んでいました。きちんと靴を揃えてるところがいいですね。
きっと家の玄関ではこんなにきれいに揃えることはないんじゃないかと。
でも、「靴を揃えなさい」と言われていることでしょう。遊びの中では言われなくてもできています。

夕方このテントを自分の家の前に運んでセッティング。


地面の砂利をどかして(キャンプに行ったとき背中が痛かったから、と。経験ですね)


ここでは中を広くするために、シートの両端はひろげたまま。
コンクリート部分とプランターにガムテープで貼り付けていました。

ここで寝る!と張り切っていましたが…。
まだ寒いと思うけど…。

でもこんな状況をお母さんもお父さんも楽しんでくれるといいなぁ。
| kaigankouen | 卸町5丁目公園あそび場 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://kaigankouen.bouken-asobiba-net.com/trackback/646
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE