でもどりおかんの玉手箱

<< 自分でつくる・創る | main | いつのまにか大人数〜 >>
子どもたちにとって何がいい?
3月1日 卸町五丁目あそび場
この日前に遊びに来た家族が、転勤が決まったので、と遊び場に挨拶にきてくれました。
この遊び場は、仮設住宅に住んでいる子ども達が中心なのでほぼ決まった子ども達です。
外から遊びに来てくれるとここで遊ぶ子ども達にとってもとてもいいと思っています。
ですから子ども達はこの家族のことはしっかり覚えていて
「あ、あの人知ってる!」
「また来た〜」と大盛り上がりです。
お父さんのことが大好きな子ども達。

さっそくつかまえて雪投げやサッカーの始まりです。



この家族の子どもは?というと
自分と同じくらいの歳?と思ったかどうかはわかりませんが、
ここの常連っぽくああでもない、こうでもないと世話?を焼きながら
一緒に遊んでいました。



そんな様子を見ていたお母さんが
「あ、人に投げるようになった」と笑っていました。



子どもはいろんな子どもと遊ぶことによって成長していきますね。
 
| kaigankouen | 卸町5丁目公園あそび場 | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://kaigankouen.bouken-asobiba-net.com/trackback/642
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE