でもどりおかんの玉手箱

<< 大掃除 | main | 霰い大喜びの子ども >>
犬小屋
 12月14日(土) 卸町五丁目公園あそび場
コンパネの切れ端が積んであったあそビークル。
「あ、今日は犬小屋つくろう!」
「あの板壊そう(ツリーハウスの床板になっていたものです。)
常連のリュウトが言い出しました。
でもリュウトが入れる大きさのものだそうです。


慣れたもんで、ちゃんと板の厚みと釘の長さを考えています。


四角で囲んだ箱が出来上がったと思ったら、入口を開けたいと言ってきた。
色々考えて二人で切り込みを入れてからアーチ型に切る方法で試してみることになった。
並んで切り込み入れ中。

なかなか大物でしょう!?

すっかり手が冷たくなった…。
湯たんぽで温め中。

寒さが増してきてお母さんが作ってくれた「おにぎり弁当」
あそビークルの中で湯たんぽで温まりながらお昼ご飯。


自分で踏み台になる椅子を運んで「魚釣り」だそうです。
毛糸をたらしていますが、これが結構釣れる。
毛糸にくっついてくるのです。


午後はお稽古ごとに通う6年生。
静かにやって来てある木端でかなりのものを作っていました。

午後、仮設住宅に住む方々への支援での阿部さんという女性が「クリニカルアート」をやりに来ていて、子ども達と一緒に参加してきました。


好きな色の画用紙に雪をイメージしてアクリル絵の具を落としていきます。完全に乾かしてからこれまた好きな形に切って「はがき」に貼っていきます。





みんな違う、自分だけの年賀はがきが出来上がりました。





| kaigankouen | 卸町5丁目公園あそび場 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://kaigankouen.bouken-asobiba-net.com/trackback/623
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE