でもどりおかんの玉手箱

<< 滑車ロープ???成功するか!? | main | ままandぱぱかほぇ >>
生き物観察 テナガエビが
 海岸公園冒険広場では開園した1年後から「UMAをさがせ」と題して、トガティ(富樫さん)・にいたん(新野さん)・ちひろさん(高橋さん)の協力のもと、参加者とともに公園周辺の生き物観察を行ってきました。
震災後もその変化を記録し続けたいと協力者のお三方とともに観察を続けてきました。(一般の方が参加できない事が残念ではありますが)
8月25日(日)の観察で驚く報告がされました。
前もって貞山堀に仕掛けたワナに「テナガエビ」がたくさんかかっていたのです。

このエビは本来もっと南に生息しているのだそうです。
こんなに大きくなっています。
この大きさになるのには一年ほどかかるということで
昨年の夏にはここに生息していたことになります。
昨年は見過ごしてしまっていたようです。
このように本来南の暖かいところに生息する生き物が
北上しているというニュースはここのところよく耳にします。

もともといた「クロベンケイガニ」の生息は早くから確認できていて嬉しく思っています。

もともといた生き物、新たな生き物
海岸公園冒険広場の周辺にも変化が起きているようです。

今、昨年までの観察記録をまとめる作業をしています。
| kaigankouen | 海岸公園冒険広場 | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://kaigankouen.bouken-asobiba-net.com/trackback/572
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE