でもどりおかんの玉手箱

<< みんなの中で | main | 今がそのとき >>
高橋樺子さん再び




「がんばれ援歌」をひっさげて樺ちゃん再びです。

3月に支援協力で高橋樺子さんの仮設訪問をお手伝いしました。
今回ぜひもう一度来たい!という樺ちゃんの希望で再び協力。 
仙台空港から直行。今回は作詞家の もす昌平さんもご一緒です。
印税を譲渡なさっていて、この方が受け取る印税はすべて被災地に寄付されます。

今回は男性陣も多く楽しい時間をすごしました。




翌日は仙台市内でもっとも大きい仮設住宅です。

こちらの仮設では前回以降踊り隊?が組織され樺ちゃんの歌に合わせて踊ります。


樺ちゃんの親しみやすい人柄と、覚えやすい歌と素敵な歌声に、
こちらでもみなさんノリノリでした。


| kaigankouen | えっちゃん&おかんの縁側倶楽部 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://kaigankouen.bouken-asobiba-net.com/trackback/547
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE