でもどりおかんの玉手箱

<< 六郷あそび場の砂 | main | みんなノリノリ〜。 >>
歌手の「かばちゃん」がやってきた。

3月7日、突然でしたが、東北を応援する歌「がんばれ援歌」を持ち歌にする
盒恭鮖劼気鵝覆呂覆海気鵝砲ちびひろに遊びにきてくれました。

演歌歌手って思いこんでいた私はちびひろに遊びにくるお母さんに
「演歌歌手のハナコさんが童謡をうたってくれるって」って宣伝。
マネージャーさんに「演歌歌手ではありませんから」って。
ごめんなさ〜い。

あだ名は「かばちゃん
 
やっぱり〜。




こんなふうに遊ぶ子どもたちの中に入って


お母さんと話をしたり


こんなこと手伝ったり
ノリノリです。

そして子どもたちの中で歌うのは初めて、ちょっと緊張してますというかばちゃんでしたが


「大きなくりの木のしたで〜♪」
とお母さん、子どもと一緒に。

持ち歌の「がんばれ援歌」も披露。
とても歌いやすい歌でみんなでうたいました。

ちびひろ始まって以来の
集合写真撮りましょうか、の声に


あれ〜びっくり。みんな上手に勢ぞろい!!

この後、ニッペリア仮設に移動。
そこでも。
その様子はこのあと。
| kaigankouen | 上荒井公会堂あそびば | 23:17 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
援歌歌手かばちゃん!気さくで優しさあふれるお姉さんの歌声はソラの心にも響いたようで「ばんばれ!おうえんかぁ〜♪」と歌ってました。

そして、先週荒井2号の遊び場から我が家にやってきた桜の木でできたヘビちゃん(ニシキヘビ風)
お世話の係りはそら。今週は暖かい日が多く私が布団干しをしていると「ヘビちゃんもひなたぼっこ」と重量級のヘビちゃんを窓際に連れてきてお日様にあてていました。すると、昨夜ソラが「ヘビちゃんに虫がいる!!」と発見。しおんと虫眼鏡で観察会。これからまた、違う虫が出てくるかも?と楽しみの子ども達です。

海岸公園の海風や雪に負けず、この虫はずっと桜の木の中で春になるのを待っていたんだな〜桜の木は虫を守っていたんだな〜と思うと感慨深い気持ちになりました。そして、私もこの桜の木のように子ども達の暖かい場所でありたいと思いました。
| どれみ | 2013/03/09 6:44 PM |
どれみさん、いつもコメントありがとう。
そっか、あの桜の枝に住む住人がいたとは。なんの虫か、これからが楽しみですね〜。

私は今日12日はお休みでしたが、溜まっていた事務作業を「がんばれ援歌」をリピートで聴きながら片付けていました。おかげで、歌えますよ〜!なんちゃって。
ニッペリア仮設でのかばちゃんは、カラオケの演奏にのってノリノリ。それもそのはず、あの昭和な感じの曲調がぴったり来る観衆ばっかりですもんね(笑)私も写真を撮るのも忘れて何回も歌って踊りました。ニッペの夏祭りにはこの曲が登場するかもです。
| おかん | 2013/03/12 10:20 PM |









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE