でもどりおかんの玉手箱

<< 模様替えしてるの | main | 松ぼっくりで遊ぶ >>
プレーリーダーしんぞうと子どもたち

しんぞうがナイフを砥いでいます。
常連のエナのいたづらで、バケツの水がこぼれてしまいました。

横を通ったシュンが一言。
「大きなお漏らししましたなぁ」


ケンカではありません。
あっちに転がりこっちに転がり。

ももくすぐりの真っ最中!
小学校高学年になってからは
お父さんともこんなことはしたことがないでしょう。
大きな声で笑って最高の笑顔がありました。


一瞬突風が。
赤く色づいた桜の葉っぱがクルクルと回って地面に広がりました。
 

階段下でカードゲームをしていたこどもたち。
舞っていくカードに大慌てです。




ブルーシートの下に潜ってしまったカードも丁寧に拾ってあげているしんぞうがいました。
子ども達はもう、何事もなかったかのようにゲームを始めています。

大きな体格の、時にヒゲの生えたプレーリーダーのしんぞうは一見怖そうに見えます。
でも子ども達にはその本質が見えているようです。

こんなふうに関わる、親でもない、先生でもない大人の存在は
子ども達の成長にとってとても大切なことです。
子どもは色々な大人と関わって育っていってほしいと思っています。
一人ひとり、違う、違っていい。
そんな中で「自分はどうするか」「自分は…」を考え、自分で決められる人になってほしい。

子どもが自由に遊ぶと、大人の私たちが子どもから学ぶこともたくさんあります。

だから「遊び場」は面白い。

| kaigankouen | 六郷あそび場 | 23:02 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
おかんこんにちは
今週は次男が発熱で荒井二号もちびひろも行けなかったので…
おかんのブログに来ました(笑)

我が子はおかんをはじめ「ぼうひろスタッフ」が大好きです。
ちょっと前にしんぞうが七郷で人力エレベターを作ってくれました。小学生はエレベーターに乗って上がったり下りたり、ビビりのしおんはロープを引っ張りエレベターを動かすのをしていました。みんなとても楽しそうでした。

そして、先週から自宅の地震による外壁のひび割れを直す工事が始まったのですが、息子は作業員さんが足場を組むのに材料を上階に上げるのを見て、「人力エレベーターだ!!」と嬉しそうに言い、しばらく人力エレベーターで材料が運ばれるのを見ていました。
何気ない工事の場面ですが、息子は遊び場での経験が遊びだけではなく生活のいろいろな場面にもつながっていることを知り…最後に一言「小学生になったら人力エレベーター絶対乗ってやる〜!!」と叫んでました(笑)

「遊び場」を通して人も知識もつながった時でした。
おかんと同じで私も子どもも、だから「遊び場」は面白い(*^。^*)
| どれみ | 2012/11/16 10:06 PM |
どれみさん、ステキなコメントありがとう。
うんうん、あの人力エレベーター、確かに怖い〜。
| おかん | 2012/11/26 5:13 PM |









トラックバック機能は終了しました。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE