でもどりおかんの玉手箱

<< これが新聞紙?! | main | 心からの笑い >>
「なにぬの屋」やこの布の紙芝居やさんです
先週10月18日(木) の「ちびひろ」です。
「なにぬの屋」の布の紙芝居上演です。
11時まではふつーのいつもの「ちびひろ」

今日は白い薄い不織布のようなステキなものをいただいたので持ってきました。
さっそくお母さんが羽根にしたりリボンにしたり。


あら、ステキな。


あら、ステキな。


初めて遊びにきました。
ちょっとびっくりしてお部屋の中には入れません。

でも少しして気がつくと

他の子も外で遊んでいます。
しかもみんな「裸足」  いいですね〜。
お部屋の中では「やこ」が紙芝居の準備中です。


カッチカッチと昔ながらの拍子木が打たれました。
子どもたちが興味をもちました。
「なにぬの屋」の布の紙芝居の始まりです。


子どもたちとのキャッチボールから始まります。


歌、おしばい、みんなだんだんと引き込まれます。


いつもチョコチョコ動き回っている子どもたちも、ほら、お母さんの膝の上で真剣な顔
で見つめています。

たまにはこんな機会をもちたいですね。

| kaigankouen | 上荒井公会堂あそびば | 21:51 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
なにぬのやさん、素敵でした。すべてが手作りであったかくて。大人目線で『わぁ、こんなに細かく縫うなんて、どの位の時間がかかるんだろう』なんて考えたりもしちゃいました。ちひろはなんだかおねむのグズグズのパイパイだったので(^^;;、集中して見られませんでしたが、子供達がすっかり入り込んでいる様子が可愛らしかったです(^^)
| ちひろはは | 2012/10/25 9:31 PM |
ちひろ母さん、コメントありがとう。
やこと子どもたちとのやりとり、心弾みましたね。いつもは雑多な遊びの素材の中で遊んでいる「ちびひろ」もたまにはこんな企画もいいでしょう?
ずっと前から「なにぬの屋」のやこに来てもらいたかったんですよ。なにぬの屋号の車の中の時代ものの自転車、見ましたか?なかなかのものです。これを引いて上演、本当に私が子どもの頃見た紙芝居やさんです。
布と自分自身が演じるところは違いますが。
次はぜひ自転車も登場の上演をお願いしてみましょうね。
| おかん | 2012/10/26 8:30 AM |









トラックバック機能は終了しました。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE