でもどりおかんの玉手箱

<< 2011.夏のエコ・キャンプIN白老 ウヨロ川遊び | main | 子どもと大人が集う場所 >>
2011.夏のエコ・キャンプIN白老 8/7また会う日まで

いよいよ最終日、お世話になったウヨロの森に感謝して森づくりです。
伐採された木の枝払いです。

そう、ここでも「ぼうひろで使った」とノコギリ経験自慢?です。

子どもたちがこうして喜々として話すのを聞いていると「ぼうひろ」が子どもたちにとって
どんなに大事な場所だったかがわかります。


切り倒した木で記念の工作です。
グループごとにこんなステキなメッセージも一人ひとりに作ってくれました。

2泊3日のキャンプをともに過ごした仲間からの心のこもったプレゼントです。


一足早くバスで出発する北海道の仲間たちのお見送りです。
「ありがとう!!また会おう〜」
子どもたちの声が響きます。

毎日美味しいご飯を作ってくださったみなさん、
水を毎日運んできてくださったみなさん、
楽しいプログラムを組んでくださったみなさん、
送り迎えをしてくださったみなさん、

本当に大勢の方にお世話になりました。
楽しい時間と仲間をありがとうございました。
またお目にかかれる日を楽しみにしています。





仙台港が見えてきました。
久しぶりに親の顔を見る子どもたちです。
「ちょっと緊張する」といっていた子どもたちです。


確かに少し緊張しているようです。
大きな荷物も最後まで自分で持って歩きました。


帰って子どもたちはどんな話をするのでしょうか。
家族に乾杯!


そして出迎えに来てくれた仲間に乾杯!です。


 
| kaigankouen | 白老町 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://kaigankouen.bouken-asobiba-net.com/trackback/344
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE