でもどりおかんの玉手箱

仙台国際ハーフマラソン
5月11日(日) 
仙台国際ハーフマラソン当日。
お休みをもらって卸町の遊び場にボランティアできてくれている香織ちゃんの応援に行ってきました。
前日親御さんに了解をいただいて、小学生の子どもたち3人と一緒に行きました。
卸町の折り返し地点での応援。
歩いていけます。



土曜日の遊び場で作った応援旗。

毎年ハーフマラソンには私達ネットワークの根本と遊び場の常連のお母さん澤井さん二人も走っているのですが
今年はエントリーが間に合わなかったということで5キロの部で参加。
やはり「ちびひろ」の常連アオイままは無事エントリーができて香織ちゃんと一緒にハーフを走ります。

5キロを走り終わった澤井さんが応援にかけつけてくれて子どもたちと一緒に応援です。




「がんばれー!」「ファイト!!」「あと少しだよ〜!」と大きな声で声援をおくります。


つい「頑張って〜」と手を振ってしまうので写真を撮るのは本当に難しいです。
そんな奇跡の一枚!!
ぼうひろTシャツを着ています。
あおいママの写真はやっぱり撮れていなかった…。
でもやっぱりぼうひろTシャツを着て走っていました。
「チームぼうひろ」ですな。グッド

| kaigankouen | つながり | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
らくがんづくり
毎月第3木曜日は遊び場と並行して仮設に住んでいる大人の方々と一緒に
「えっちゃん&おかんの縁側倶楽部」と題してものづくりをしています。
 今回はしっとり落雁づくりです。
「ちびひろ」に参加しているお母さんが教えてくれます。
今日(9日)、いつもちびひろでお借りしている上荒井公会堂の台所をお借りして、作り方を復習しました。







ステキでしょう。
| kaigankouen | つながり | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
小野駅前仮設での遊び場(杜の子まつり協力)
8月5日(月) 

NPO法人 せんだい杜の子ども劇場主催、杜の子まつり推進委員会・東松島小野駅前応急仮設住宅自治会協力による「杜の子まつり ミニミニ縁日in東松島」に子どもの遊び場協力で行ってきました。ネットワーク事務局の米倉さんと一緒です。

朝は雨降らないといいね〜というような曇った怪しい空模様でしたが、
自治会長の力強い一言「大丈夫!!ふらね」で青空が。


子ども劇場の方々による縁日。かき氷、フランクフルト、ポップコーン、わたがし、カレーなどのお店が並びました。
今年で3年目ということで、仮設住宅に住む方達とはすっかりお友達。(遊び場協力は初めてです。)座っていろいろな話をしていく方が多かったです。
お店を手伝う子どももいました。

遊び場は?
そう、いつもと同じようなまったりとした雰囲気で一日遊んでいきました。








午後から集会場の中でショータイム
「びりとブッチィーのクラウンショー」でした。
私も覗いてみました。


みんなで風船の花もつくったり。
みなさんとても楽しそうでした。

| kaigankouen | つながり | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
おのくんキャラクター
NPO法人 せんだい杜の子ども劇場主催の「杜の子まつり ミニミニ縁日㏌東松島」と題した
みんなつながれ!杜の子まつりが8月5日(月)に小野駅前応急仮設住宅集会所前で行われます。ネットワークでも協力します。
8月1日、雨でしたが事務局の米倉さんと下見打ち合わせに行ってきました。
会場
場所はここ。当日駐車車両は「あそビークル」のみ。
いつもの遊び場を開催します。

自治会長の武田さんとネットワーク事務局の米倉さんです。
おのくん

集会場の中では「おのくん」の制作中。


私もおのくんの里親になりました。


「奥松島生まれの、おのくんストーリー
おのくんは、宮城県東松島市「小野駅前応急仮設住宅」の人々の
住処であった奥松島の復興を願って生まれたキャラクター人形です。
これまでのゆったりとした暮らしから一変、被災し先の見えない状全国から況のなかでも
「めんどくしぇ」とぼやきつつ、日々前向きに、あたらしい未来を自分たちの手で
築いていこうという思いが込められています。
元祖は、米国の貧しい労働者階級のお母さんが、子どもにプレゼントするために、
お父さんの靴下を改良したソックスモンキー。そのかわいさに惚れこんだ、小野の
お母さんたちも、おのくんを、ひとつひとつ手縫いしています。
ぜひ、お母さんたちに会いに来てください。」

とかかれたパンフレットがありました。

現在全国から注文が殺到し予約しても5か月待ちとのこと。
今日も10分ほどお邪魔した間に2件の予約電話がありました。
集会場

仮設住宅は65世帯、250名の方々が住んでいるそうです。
子ども達は小学生を中心に40〜50名とのこと。
一日ですが思い切りやりたいことをして遊んでもらいたいと思います。
| kaigankouen | つながり | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
鮮やか!


日本冒険遊び場づくり協会から支援してもらっているプレーカーと同じように
ロコ・サトシさんにカラーリングしてもらったノア(あそビークル)。
遊び場の2箇所同時開催日に手作り遊び道具をプレーカーから一部乗せ変えて
動いていましたが
今回そのプレーキットの中から工作台(イス)と、
小箱が4個収納でき板をのせるとテーブルになるパーティーセットを
製作者の鎌上茂樹さん(かまやん)に製作依頼しました。

かまやんは、」奥さんの「たかぼ」と一緒に東京都町田市で
「きつねはらっぱ冒険遊び」をやっています。
http://www.nozuta.net/kitsune.html

そのお二人が土日を使って仙台まで運んできてくれました。
そして今まで使用してきたプレーキットの痛んだものを修繕までしてくれました。

この鮮やかな色。
プレーカーに搭載されているキットも最初はこんなに鮮やかだったんですね〜。
2年を経て、今ではこども達が遊んだ証でいっぱいです。
この新しいキットもこれからこども達の遊んだあとが刻まれていくことでしょう。


さっそくこども達は
一緒に持ってきてくれた形の整ったジェンガのようなきれいな木っ端で遊びます。
その後ろには、使いやすいように直してくれているかまやんがいます。


こども達とおしゃべりをしながら。


仮設に住むじいちゃんが亀とタニシを持って遊びにきてくれました。
このキット、さっそく亀のイス??になったり


おちゃっこ飲みのテーブルになったり。

運搬車両「あそビークル」の中もすっきり収納。
積み替えも必要なくなり、GOOD!!です。

かまやん、たかぼ、遠いところをありがとうございました。



| kaigankouen | つながり | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
上荒井町内夏祭り・ビー玉ダービー
 8月4日(土)は七郷あそび場と、上荒井町内夏祭り応援と2箇所で遊び場開催のため
スタッフ全員出動です。
夏祭り会場では、子ども会も出店を出したり、スーパーボールすくいなどのテントが出ます。
私たち遊び場チームでは、プレーカーにテーブルホッケー・黒板・けんだま・皿回しなど少し
遊びの道具をもちましたが、メインは「ビー玉ダービー」
5色の馬のどらかににビー玉一個を賭けて当りを狙います。バクチか!ってね。


あやしいおばさんが馬券を売ります。


「はいはいはい〜。レースが始まるよ〜。馬券買ったかい?」
待ち構えるこれも怪しいおばさん。
子どもたちの手には、勝利を予想し購入した色とりどりの馬券が。


スタート前の笑み


自分の買った馬の動きを追う真剣な表情。


「お〜怖いこわい!バクチなんてするもんじゃねーぞ」と言いながら
な、なんと一点買いしたしんぞーに当りが。


こんな光景を想像してか否か、うれしそーに最後の仕上げ。
子どもだった頃の悪ガキの顔になっていました。
| kaigankouen | つながり | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
npo法人 富山・イタズラ村・子ども遊ばせ隊 早川さん
「 子どもも大人も遊んで元気になれる」
「人は遊んでこそ元気に生きていける」

こんな素敵なことをキャッチフレーズにした富山県のイタズラ村の早川さんが
仙台にやってきました。
あいにく私たちの遊び場活動日の日程と合わず遊び場にはおいでいただけなかったのですが
夜、交流会をもちました。


子どもに関わる大人としての姿勢やら遊ぶことによって変化していく子どもの様子などを
お聞きしたあと、さぁ大人もばかになって遊ぼう!ということで、早川さんの手作りおもちゃや
早川たかしの薦めるとびっきり楽しいおもちゃが登場です。


缶コマをこのボールの中にいれて闘いの始まりです。
もう夢中。
男の子に戻っています。


けん玉の技も。

さてさて

極め付けは「皿回し」

手に血を出しての練習??

簡単なようでなかなか難しい、難しいようで簡単?

回ったときの歓声に早川さん「その感動が大事なんですよ!」

汗をかきながらみんな並べられたお菓子にも手をつけず夢中夢中。

30分以上格闘し、私も回せるようになりました。
♪ちゃんちゃかちゃんちゃんちゃんちゃんちゃん
| kaigankouen | つながり | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
やまちゃんありがとう
 
インターンシップで11月から冒険遊び場-せんだい・みやぎネットワークに
きていただいた山田義之さんです。
主に遊び場に関わっていただきました。
子どもたちからは「ゆきちゃん」「やまちゃん」「ひげおやじ」
「マヨネーズ」など色々な名前をいただいていました。


最後の七郷あそび場でもやっぱりこんなふうに遊ばれていました。
でも、子どもたちはやまちゃんを選んでいるのです。
子どもたちに選ばれた人なのです。
やまちゃんが来ない日、決まって何人かの子どもは「今日は来ないの?」
聞いてきました。
子どもたちの中に遊び場にいる大人として浸透していました。


遊び場のチラシの掲示もお手伝いいただきました。

遊び場に関わったことのなかったやまちゃんから、私たちが学ぶことも多くありました。
仕事場も自宅も津波で流され、仮設住宅で暮らすやまちゃんから
仮設住宅に暮らす方たちの様子や今必要とされていることなども
お聞きすることができました。

本当にありがとうございました。
そしてお疲れさまでした。

そして「ぼうひろサポーター」になってくださいました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
| kaigankouen | つながり | 01:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
情報屋台村パネル展示9/23
 青葉区中央市民センター主催、若者と団体をつなぐ「SYCふらっと」という団体の企画運営による
「情報屋台村」にブース展示して、私たちの団体、そして活動紹介をしてきました。
会場には20をこす団体紹介ブースがあり、若い人や学生さんたちでにぎわいました。





多くの方々が足を止めて熱心に聞き入ってくれていました。
子どもたちの育つ環境、遊び、自由、責任など興味関心を持ってくれる人が
一人でも増えたらいいです。
私たちが行っている遊び場に関わってくださる人もできたらいいなという思いも込めて。

私はちょっと

隣の部屋で行われた生パフォーマンス
「琉球國まつり太鼓宮城支部」のみなさんの迫力ある琉球太鼓の演奏を覗きに。
お腹の底から発せられる大きな迫力ある掛け声と、きびきびとした動きに魅せられました。
| kaigankouen | つながり | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
しらかし台中学校PTAのみなさんと
 
14日、利府町「しらかし台中学校のPTA研修会、災害を乗り切るための生きる力と技を身につけようと企画された サバメシ(サバイバル飯)体験の応援に行ってきました。

りふ・プレーパークにPTAから依頼があり、その応援です。
今日までに二回の打ち合わせがあり、役員のお母さん方のパワフルさとノリの良さに
まとまりを感じていました。
お任せでなく自分達も意見を出しあいどんどんと企画が進みました。

そして当日、一応講師という名目ではありましたが、この役員のお母さん方です。
積極的に動いて何の問題もありません。すばらしい

コーナーは三つ
 .▲襯澳未膿罎ご飯(今回はアルミ缶の中にお米と水を入れアルミ箔で蓋をし、
   それごとお湯を沸かした鍋の中にいれて炊くという湯煎式を提案、体験しました)


 ∈匈欧慮紊諒夘佞韻箋濬にも役立つノコギリやナタなど工具の扱い方を兼ねて
   自分の箸は自分で作ろうと挑戦です。


 アルミ缶を使ったろうそく立ての作成です。これは打ち合わせ初日に役員のお母さんが
   作って持ってきて提案したものです。私もこれは初めてです。
   缶の模様、色によって違うステキな入れ物になります。簡単でした。



2回目の打ち合わせのとき、「何か外でできる簡単なおやつみたいなのはない?」
  という問いに作ることになったべっこう飴です。



竹を切って箸をつくるコーナーでは、お皿もできると発展。
おしゃべりをしながらみなさん楽しそうに取り組んでいました。

それにしても 暑い!

予定していた二時間はあっという間に経過。夕方4時という時間もありお土産として
持って帰ることになりました。
自分で作ったご飯・箸・ローソク立て・竹皿のほかに用意された
ローソク一本・アロマローソク一本・レトルトカレー・べっこう飴  とお土産たくさんの研修


役員のみなさんのみならず、参加した保護者の方々も「楽しかった〜」
と帰っていきました。
みなさん、ご苦労さまでした。

特に役員のみなさん方はつくり方はどれもバッチリ!
今度は講師としてどこにでもいけますね
こんな方法もあるのだ、ということを一つでも多く体験しておくと、
それだけで「うん、生きていけるぞ!」と妙な自信に繋がっていくものです。

楽しい時間が共有できて嬉しかったです。
ありがとうございました。

(集合写真を撮れば良かったと帰宅してから思いました。)

| kaigankouen | つながり | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE